塾・学習塾・上越市・わくわく文庫

わくわく文庫

トップページ > 小学生 わくわく文庫
コース・料金のご案内(小学生)

「国語力」で子どもが変わる

すべての科目の基礎であり土台となるのが国語。国語力さえつけば、理科や社会はもちろん、算数・数学の文章題もすらすら解けるようになります。国語力をつけるには、国語の問題を解かせるよりも、読書をさせる方がずっといい。このことは、「小論文の神様」樋口裕一氏も、自らの著書の中で述べておられます。

日本人の国語力がかなり低下しています。その理由はただひとつ。本を読まなくなったからです。小学校時代に読書を習慣づけられなかった子は、学力の面で将来大きな不安を抱えることになると考えます。本には考える力、文章や人が言っていることを読み取る力、自分の意見を正確に伝える力を養うパワーが備わっています。それらの力が、国語をはじめとするすべての科目に必要になってくるもので「ほんとうの頭のよさ」そのものです。

子供がなかなか勉強しない、いちおう勉強しているが成績がパッとしないなど、お子さんの教育で悩んでいるなら参考書や問題集を買い与えるより、おもしろい物語を1冊手渡したほうが、よほど子供の学力の支えになります。
勉強をしないで子供が本ばかり読んでいたら、親は不安になるでしょうが、実はそういう子こそ、知らず知らずのうちに力をたくわえ、中学、高校でいざ受験勉強を迫られたとき、グングン伸びます。読書は学力アップの近道なのです。
子供が何度も何度も繰り返し開くようなお気に入りの本に出合わせてあげること。そしたら次はもっとたくさん読ませる工夫をします。さらに親子で本の内容について話してみるのもいいでしよう。近道の入り口へ子供を導き、読書で我が子の能力を最大限に引き出す工夫は、他の誰でもない、一番身近にいる親だからこそできるのです。

樋口裕一著『本を読む子は必ず伸びる!』(すばる舎)より


確かに、最近の子どもは言葉を知らない、本を読みたがらない、という傾向にあります。 だからといって、ただ本を渡して「読みなさい」と言ったところで、本を読むようになるものでもありません。

「本嫌いの子どもたちでも楽しく、知らず知らずのうちに、本が好きになってしまうように」『わくわく文庫®』は、そんな思いから開発された、新しいタイプの読書システムです。

『わくわく文庫』とは?

『わくわく文庫®』は、(株)日本コスモトピアによって開発された、PCにインストールして起動するタイプのソフトウェアです。具体的には、

わくわく文庫

朗読を聴きながら本を読み進める

プロのナレーターによる朗読が、本単位で吹き込まれています。したがって、本棚には朗読の音声データが入っている本しか置いてありません。

●読むスピードに合わせて朗読の速度が自在に変更可能

0.5倍速〜10倍速の間で変更可能。速度を変えてもナレーションの声質は変わらないので、朗読が不自然で聞き苦しくなるようなことはありません。

●童話から文学作品まで、国内外の名作200冊以上を提供


●しおりは不要

利用する生徒さんごとに読書履歴が自動的に記録されるため、しおりを使う必要はまったくありません。 読書履歴はページ単位で記録され、印刷も可能です。

速いスピードに慣れるにつれ、脳が情報を早く処理しようと活性化されます。また右脳が活発に働くことで、集中力や記憶力まで高める効果が期待できます。

名作を日本語独自の美しいリズムで読み、そして聴くことは、実に心地良いことです。この心地良さが子供たちに読書の楽しさを実感させ、精神的な安定と集中力を高めてくれるのです。 名作の中から好きなものを順番に読んでいくことで、確かな読書量を確保でき、豊かな人間性を育み、将来の人格形成にも大きな力を発揮するものと確信しています。

実際の事例

全国には、早くからこのような速読聴システムを取り入れて成果を上げている塾が数多くあります。板倉学園ではこの真価を自分たちの五感で確かめるべく、職員共々、実際に長野県と茨城県でそれぞれ2ヶ所ずつ、計4ヶ所の教室を訪問しました。 下に紹介するのは、その中で、長野県岡谷市で早くから『わくわく文庫®』を導入しているファーストステップスの今井先生のお話です。

「最近の子どもたちはあまりにも物事を知らなすぎる」
……私が最初に「読書」に興味を持ったきっかけです。
(中略)
何とかして子どもたちの「読書離れ」を食い止めなければと考えていた私は、半信半疑ながら「速読聴」を力リキュラムに加えてみました。
すると、驚くべき効果が現れたのです。特に、落ち着きのない小学低学年に対しての効果は絶大でした。「読書」をさせたいという当初の目的のみならず、その生徒の精神面までも変えてしまうほど驚くべき効果があったのです。

以下はその具体例です。

  • ●入塾した時(小1) は落ち着きがなく、席に着いてじっとしておくことさえできなかった生徒が、読み聞かせと速読聴によって1年後には1人で読書するようになり、感想文を書くことはもちろん自分で物語を創作できるまでになった。
  • ●毎晩夜中までインターネットのゲームをやる、表情が暗く、学校で問題行動を起こしていた中3生が、速読聴をやることで、性格が穏やかになり、学習意欲も出てきて成績がアップ。見事志望校に合格。
  • ●「言語障害」「自閉症」の小学生が読み聞かせと速読聴をやることで、最初は0.8倍速で聞くのがやっとだったのが、2倍速で聞くことができるようになった。その生徒の担当医も「実際に障害があるのに他の子どもたちと同じように普通に学習できていることが信じられない」と驚嘆した。

学園生の声

実際に当塾で『わくわく文庫®』を利用した生徒さんの意見です。

最初はめんどうくさそうだと思ったけどやってみると読んでくれるので楽しくつづけられそうなのでこれからもやりたい。4倍速は本を見ながらやれば意外にけっこうついていけた。いろんな種類の本をもっと読んでみたい。

わくわく文庫をやってよかったところは、速度をかえてよめることです。2倍の時はすごいおそいきがして、2倍にしても、おそい気がして、2.5倍で自分にあったペースで本をよめるのでいいとおもいました。

自分的にはすごくいいと思うので僕てきには、これからもやりたいと思います。それと、それらをやっているうちにすごく頭の回転がはやくないりそうなので、これからも継続してやりたいです。

私は、あんまり本は読まないでマンガばかり読んでいました。本は字ばかりだしつまらないと思っていたけど、わくわく文庫であしながおじさんを読んでから、私の本のイメージが変わりました。読んでるうちに物語が、おもしろくなってきて、本てこんなにおもしろいものなんだと思いました。私は、これからもいろんな本を読んでみたいです。

新聞記事掲載

2006年8月7日付の『上越よみうり』4面で掲載された記事の全容です。

上越よみうり新聞記事

※『わくわく文庫®』は、(株)日本コスモトピアの登録商標です。

コース料金のご案内 詳細はこちら
お問い合わせフォームはこちら0255-78-2458
無料体験学習申し込みはこちら